海老とパクチーの水餃子とナンプラーレモンだれ(フードプロセッサー)

2208ok.jpg

つるんとしたのどごしの、旨味たっぷり水餃子。フードプロセッサーで手作りすれば、粗目に仕上げることで海老のプリッとした食感をより楽しめます。醤油や黒酢も合いますが、手軽に作れるナンプラーレモンだれも相性ぴったり。ぜひ一緒にお試しください。(レシピ/写真:TORi岡本雅恵))

材料 20〜22個分

                                  
豚ひき肉 100g
海老(正味) 100g
パクチー 5g
小ネギ 5g
生姜 少々
餃子の皮 20~22枚
【A】
・ナンプラー 小さじ1
・醤油 小さじ1/2
・酒 小さじ1/2
・ごま油 小さじ1/2
・塩 少々
・黒胡椒 少々
【ナンプラーレモンだれ】
・ナンプラー 大さじ1
・水 大さじ1
・レモン汁 小さじ1
・きび糖 小さじ1
・唐辛子 お好みで

つくり方

  1. 1. 海老は殻をむき、わたを取り、ボウルに入れて、酒(分量外)と塩(分量外)少々を加えてもみ洗いして水で洗い流し、キッチンペーパーで水気をよく拭き取っておく
  2. 2. フードプロセッサーに豚ひき肉、海老、A、すりおろした生姜を入れて混ぜすぎないように撹拌する(ブレード/通常モード)
  3. 3. 粗く刻んだパクチーと小口切りにした小ネギを2のフードプロセッサーに入れ、再度軽く混ぜ合わせる。        
  4. 4. 餃子の皮で3の餡を包んでいく。        
  5. 5. 鍋で沸騰させたお湯の中に餃子を一つずつ入れていき、4~5分加熱する。        
  6. 6. 網じゃくしで水餃子をすくい、お皿に盛り付ける。        
  7. 7. ナンプラーレモンだれの全ての材料をよく混ぜ合わせる。        
  8. 8. たれ、お好みでパクチーを添える。        
mail magazine

メールマガジンに登録しませんか?

×