TORi岡本雅恵のVitantonioレシピ NO.007≪イギリスの保存食ミンスミートをつかったクリームサンド≫

街はすっかりクリースマスムードに包まれ、いよいよ年末に向けてカウントダウン。
あれもこれも準備して、、と日々忙しく、頭の中は仕事やパーティ、イベントごとのことでいっぱいです。

娘が産まれてからは、今まで飾ることのなかったクリスマスツリーも用意して、張り切った夫は毎年サンタクロースの格好で現れてくれます。
もちろん、0歳の時はなんのことやら、大人が楽しんで終わりましたが、1歳も過ぎると、見たことのない赤い服を着た、おひげの生えたおじさんに、不信感いっぱいの目を向けて、恐る恐るプレゼントを受け取っておりました。

今年は、もう2歳半も過ぎて、クリスマスが楽しいことを自然とわかっている模様。
街中のディスプレイを見るたびに、クリスマス〜!!と嬉しそうに指差しています。
サンタさん来るから、ミルクとお菓子用意しておこうね、なんて会話もできたりして、そんなところでも成長を感じたりしています。

TORi_column20151120_1sum 今回はまだ少し時間もあるので、じっくり熟成させるイギリスのクリスマスの保存食、ミンスミートをご紹介したいと思います。
ドライフルーツやナッツをりんごと一緒にお酒で漬けたもので、時間が経つほどに芳醇な香りと豊かな風味を楽しめます。

模様の美しいピッツェルプレートを使って薄焼きクッキーを作り、マスカルポーネと和えたミンスミートを挟んでデコレーションした、見た目にも華やかなサンドクッキーをつくりました。

食べる時は豪快に、みんなで割ってディップして召し上がってくださいね。

-----------------------------------------
TORi岡本雅恵のVitantonioレシピ NO.007≪イギリスの保存食ミンスミートをつかったクリームサンド≫

TORi_column20151120_2sum ■イギリスの保存食 自家製ミンスミート
<材料> (約2kg分)
りんご               3個
レモン(無農薬ノーワックスのもの) 2個
きび糖(ブラウンシュガーでも)   250g

a
レーズン          300g
クランベリー        100g
ドライプルーン(粗く刻む) 150g
ドライフィグ(粗く刻む)  100g
アーモンドスライス     50g
(軽くローストする)
ラム酒           1/2カップ
白ワイン          1カップ

b
シナモン          1本
クローブ          3粒
カルダモン         4粒
ナツメグ          少々

<つくり方>
1. りんごは芯を取り、皮をむいて、1cm角くらいの大きさに切っておく。

2. レモンは表皮を薄くむいて千切りにしておき、半分に切って絞る。

3. 鍋にりんごとレモン汁、レモンの皮、きび糖を加えてりんごが柔らかくなるまで煮る。

4. その間に、aのドライフルーツやアーモンドスライスをボウルに入れて、アルコール類を注いで含ませておく。

5. りんごが柔らかくなってきたら、4を加え、bのスパイス類も加えて、15分ほど中火で煮る。

6. 全体に煮汁が行き渡り、ツヤっとしてきたら完成。煮沸した綺麗な瓶に入れる。
 ※冷暗所で1年保存可能です。たまにかき混ぜて熟成を促してください。

*お好みのドライフルーツやナッツで試してみてください!くるみ、カレンツ、オレンジピール、アーモンド、ココナッツファイバーなど。私は毎年自家製の柚子ピールを加えたりします。
*シュトーレンはもちろんのこと、アイスクリームやクリームチーズに混ぜたり、パウンドケーキに入れ込んだり、あると重宝する保存食です。


TORi_column20151120_3sum ■自家製ミンスミートとマスカルポーネのクリームサンド

<材料>
a(プレーンピッツェル 約8枚分)
薄力粉           50g
アーモンドプードル     10g
無塩バター(溶かしバターに) 40g
砂糖            30g
卵             1個
ラム酒           大さじ1/2
バニラオイル(あれば)   少々

b(ミンスミートとマスカルポーネクリーム)
ミンスミート        100g
マスカルポーネチーズ    100g

粉糖            少々

<つくり方>
1. aの薄力粉とアーモンドプードルをふるっておく。

2. ボウルにaの卵、砂糖を入れてよく混ぜ、溶かしバターを加え、ラム酒、バニラオイルをくわえる。

3. ふるっておいた粉類を2に入れてよく混ぜる。

4. 予熱しておいたプレートに、薄く油をひき(分量外)、大さじ1くらいの生地を中央に流し入れる。

5. 2分半くらい加熱してキツネ色になったら、クーラーに乗せて冷ます。

6. ピッツェルを冷ましている間、bのミンスミートとマスカルポーネチーズをよく合わせておく。

7. 冷ましたプレーンピッツェルに、6で合わせたクリームをお好みの分量を塗り、重ねていく。

8. 仕上げに粉糖をふって、食べるまで冷蔵庫でよく冷やす。
 ※ピッツェルを作ってから時間をおく場合、冷めたら必ずタッパーなどでシリカゲルを入れて保存してください。


TORi
大学時代の同級生である岡本雅恵と鷲巣麻紀子によるフードユニット。
食・旅・アートが大好きな2人は、卒業後もそれぞれ会社に勤めながら、
月に1回ほどケータリングやフードイベントなどで活動。
2010年3月に上目黒にcafe&catering TORiをオープン。その後、岡本の出産、
鷲巣の産休を機に一度店舗はクローズし、フードユニットとして活動中。
cafetori.com
mail magazine

メールマガジンに登録しませんか?

×