TORi岡本雅恵のVitantonioレシピ No.002≪自家製マヨネーズをつかったホットサンド≫

TORi_column20150616_1sum しとしと雨降りの日が増えてきた梅雨の時期。

街中の紫陽花が本当に美しく、青から赤紫にかけてのグラデーション、
小宇宙のような?可憐な花弁。
思わず足を止めて見入ってしまいます。

曇り空の、いつもより空気が重く感じる日も、
好きな音楽を聞いたり、わくわくする計画を考えてみたり・・・
時間がゆっくり流れている感覚に身を任せてみるのもいいものです。

ずーっと昔に、主人に、どの季節が好き?と聞いたとき、
少し間があいて出てきた答えは、"季節そのものが好き"という言葉。

出会って間もない頃なので、なんてロマンティックなんだろう?!と
思わず吹き出してしまいそうになりましたが、
紐解けば、どの季節にもそれぞれ役割と楽しみがあって、
決められないとのことなのでした。
雨が続いてじめじめして、どんより嫌な気分になる時は、
必ずと言っていいほどこのことを思い出します。


晴れた日のピクニックはもちろん格別ですが、
いつものサンドイッチをホットサンドにしてみたら、
雨の日でもお出かけせず楽しい気分に。
チーズを利かせた自家製ハーブマヨネーズは、
オイルで伸ばしてサラダと和えれば、シーザーサラダ風に。
自家製マヨネーズも、ブレンダーさえあれば簡単に作れるので、
いつでもフレッシュなおいしさを味わえます。
作りたてのマヨネーズで、子どもも喜んで食べてくれるはず。
ぜひお試しください!

-----------------------------------------
TORi岡本雅恵のVitantonioレシピ NO.002 ≪自家製マヨネーズをつかったホットサンド≫

TORi_column20150616_4sum ■プレーンマヨネーズ
<材料> 約245g
卵 1個
なたね油 200cc
お酢 大さじ1
マスタード 小さじ1/2
塩 小さじ1/4

<つくり方>
1.
容器に卵を割り入れ、お酢、マスタード、塩を加え、一度ハンドブレンダーで混ぜる。

2.
少しずつなたね油を加え、完全に乳化してもったりとまとまったら完成。

※清潔な容器に入れ、冷蔵保存で1週間以内に食べきるようにしてください。


■ハーブチーズマヨネーズ
<材料> 約300g
プレーンマヨネーズ 245g
パルメザンチーズ 50g
フレッシュハーブ(ディル、チャービル、イタリアンパセリなど) 適量
ブラックペッパー 少々

<つくり方>
ハーブを粗く刻み、パルメザンチーズをすりおろし、プレーンマヨネーズに入れてよく混ぜ合わせ、
ブラックペッパーを入れて完成。

※清潔な容器に入れ、冷蔵保存で4~5日以内に食べきるようにしてください。


TORi_column20150616_3sum ■アボカドとベーコンのホットサンド

<材料> ホットサンド2個分
食パン(8枚切り) 4枚
ベーコン 2枚
アボカド 1/2個
ハーブチーズマヨネーズ 適量

<つくり方>
1.
耳を落とした食パンの両面にたっぷりとハーブチーズマヨネーズを塗る。

2.
スライスしたアボカドとベーコンをのせ、はさんで、予熱してあった型の上に置く。

3.
蓋を閉めて4~5分、こんがりきつね色になるまで焼く。


-----------------------------------------
*イベント出店のお知らせです*

TORi_column20150616_2sum
勝ちどきにあるbtfさんにて開催される「united CRAFT nations」展にて、
21日( 日)に出展者さんをイメージした楽しいパーティーフードを販売させて頂きます!
みなさん素敵な方ばかりなので、ぜひ遊びにきてくださいね!

◎お食事はなくなり次第終了とさせて頂きます。
『united CRAFT nations』 
都営大江戸線「勝どき」下車 A2出口より徒歩3分
6/19(金)〜6/28(日) 11:00-19:00 会期中休み無し
@btf 4F 東京都中央区勝どき2-8-19 近富ビル倉庫4F 
http://www.shopbtf.com/at/unitedCRAFTnations.html

TORi
大学時代の同級生である岡本雅恵と鷲巣麻紀子によるフードユニット。
食・旅・アートが大好きな2人は、卒業後もそれぞれ会社に勤めながら、
月に1回ほどケータリングやフードイベントなどで活動。
2010年3月に上目黒にcafe&catering TORiをオープン。その後、岡本の出産、
鷲巣の産休を機に一度店舗はクローズし、フードユニットとして活動中。
cafetori.com
mail magazine

メールマガジンに登録しませんか?

×